Tatsu still writes something... Fourth season

これからも私はなにかをしてなにかを書く

宮城交通バスのダイヤ改正が出たけれど(その2)

2015年12月6日の宮城交通ダイヤ改正地下鉄との連携の悪さにがっかりした訳だが、他にも悩ましいことがある。


それは、ダイヤがわかりづらくなったということである。

自分の住んでいる仙台市南西部では東西線開業前の現在は仙台市中心部行きと地下鉄南北線接続長町行きが規則正しく並ぶダイヤになっていたのだが、これに本数を増やさずに申し訳程度の地下鉄東西線接続八木山動物公園行きを加えた結果、ダイヤの規則が崩れ、わかりづらくなった。
整然としたダイヤをそろえてきた仙台市営バスとは大違いである。

また、この副作用として時間によっては割引のないバス→バス乗継が発生し、初乗り分の出費が増えるというデメリットも考えられそうだ。

朝、バスに乗って長町経由で通勤していると反対側の長町から来るバスには宮城大学産業学部の学生が多く乗っているのを見る。
そこで、宮城大学産業学部前の宮城交通ダイヤ改正後のバスを見ると朝の反対となる長町に行くバスがない時間帯が出てきた。履修パターンによっては朝乗ってきた長町に行くバスがなくなることでバス→バス乗換えが発生し、定期券を使わない学生にとっては出費増になりうる。

これは一例だがまた、悩ましい。