Tatsu still writes something... Fourth season

これからも私はなにかをしてなにかを書く

Windows Meマシンを解体した

2月13日の地震から次の週末。近所の電気工事屋さんの都合で壊れたコンセントの部分を空けるためコンセントのあったところの正座用PCデスクをどかしている生活がいまだに続いている。すでに各地の断水も復旧したというのに。そうなってくると邪魔になるのがWindows Meを入れたミドルタワーPCである。すでに、自分の環境でも対応するソフトがほとんどない上に自作ソフトでもターゲットとするソフトがほとんどないことからただの置物と化していた。使うことがないのに置いていてもしょうがないので処分することにした。

Windows Me PCのCPU、マザーボード、メモリは初めてPCを自作した時のもの、ケースは初めてPC互換機を購入した時のものであり、思い入れはあるのだがシステムは他に流用するには非力、ケースは現代のケースと比べて小さく、バックパネルもつかないのでこちらも流用不可ということでいずれ捨てることになるものなので、いつ捨てるかという問題だった。地震があり、部屋に置く余裕がなくなったのでその時が来たというものである。

Windows 95/98/Me世代のソフトを残したいという強い理由があれば動態保存で置いておくのだが2020年の今となっては残したいソフトもなければ自作ソフトのターゲットにもならないので、自分のところでは廃棄を選んだというわけである。こうしてみるとソフトの保存というのも大変なものだとふと思う。

ついでに、劣化していずれ捨てるであろうサブのCore2Duo搭載自作機を基準としてそれ以前の予備のパーツも廃棄することにした。予備のマザーボードとCPUのセット、ビデオカードマザーボードに有線LAN IFが搭載されていなかった頃使っていたLANカード、そしてモデムカードといった基盤類やIDE接続のDVD-ROM、余ったFDD、あとIDEケーブルの山と付属品をだいぶ廃棄した。

で、処分なのだがさすがに買取は無理なので、中身を解体して小型家電回収ボックスに入るものは入れ、あとは地域の廃品回収に出すことにした。ただ、ねじやスロットのバックプレートは流用が効くのでこれは回収し、USB 2.0拡張カードPCIスロットを持つサブの自作機に回すことにした。

これで、PCは普段使いのメインPCとバックアップ・Windows XP以降のソフト用のサブマシン、テレワーク用ノートPCの3台となってすっきりしたというものである。のだが、Windows Meマシンの亡霊の120GB IDE HDDと空いていたIDE HDDケースが合体して外付け120GB USB 2.0 HDDなんていうどうするんだという代物ができてしまった。こいつをWindows 10のインストーラー用にできればいいのだがそんな仕掛けはないので使い道に困るというものである。動いているうちにゼロクリアして処分した方がよいだろうか。

というか、コンセントの修理いつになるんだろう。いまだに地震から復旧していない我が部屋である。

 

2021.2.13 After...

福島県地震起きる

2021年2月13日23時8分。掛布団だけかけてうとうとしていると妙に揺れたので掛布団蹴り飛ばして慌てて部屋の入口の安全地帯に飛ぶ。様子を見ていると緊急地震速報が鳴り響く中横揺れがさらに激しくなってタンスの上のカラーボックスや本棚、机の本棚に置いていた本が激しく吹っ飛ぶ。自室が2階ということもあるが、東日本大震災を思い起こすような揺れだ。さらに電気も消えた。幸い電気はすぐついたが部屋は足の踏み場もない状態。ひどい地震だ。寝ていて眼鏡も外した状態だったので視点のずれで頭が痛くなりながらとりあえず眼鏡を探すべく部屋の整理を始める。たまたま東日本大震災の時に使っていたワンセグガラケーがあったのでつけてみると震度6強などと言っている。なんてことだ。30分くらい探していると予備のメガネが見つかった。これで一安心。机の上に乗ていたスマートフォンは無事だったのでネットを見てみようと思うとルーターONUを接続している電源タップのスイッチのライトが消えている。何が起こったのだろう。1時間くらい経っただろうか。常用しているメガネは何とか見つかった。らちが明かないのでとりあえず今夜は片づけをあきらめて寝ることにした。寝付けないので携帯電話からFacebook,Twitter,メールで無事を伝える。

そして夜が明けた

3時間くらい寝ただろうか。隣室の家族の足音で目が覚める。朝食べる予定だったパンを食べて薬飲んでから片づけを再開する。2時間くらい片づけを行って何とか片付けが済んだので、ルーターONUを接続している電源タップを見ると出っ張っているコンセントが破損していた。危険なので慌ててつながっていた機器を外す。

どうやら、テレビ台がずれてコンセントに直撃して破損したようだ。よく見るとカーペットもずれている。なんという揺れだ。これで震度5弱というのだから仙台市某区の地震計は本当に鈍感である。

暮らしの復旧のためにはもう一作業必要だ。

続きを読む

安物買いのなんとやら

今週はディスプレイの位置と椅子の高さを上げて座っているときの手の角度を直角になるようにし、足の高さはノートパソコン置きに使っていた板と見なくなった漫画雑誌で調節とテレワーク環境整備に余念はない。

続きを読む

やっぱり天命か

Core2Duo世代のサブマシン、SSDを嫌う - Tatsu still writes something... Fourth season

にコメントがあったので、サブマシン用の電源を変えることにしたのだが、やっぱり大事なのはメインマシンなので2018年に電源トラブルを疑って買った後浮いていたSeasonic FOCUS 450FM 450Wをメインマシンにつけてメインマシンのコンディションを向上させて、今までメインマシンで問題なく動いていたAntec EARTHWATTS PLATINUM 450Wをサブマシンに移植した。新しめの機器は山手線級のメインマシンにもっていって仙石線級のサブマシンにはメインマシンで実績のあるそれなりに動く機器を持っていく。JR東日本かよ。

続きを読む

Core2Duo世代のサブマシン、SSDを嫌う

先週、今年のMy自作PC - Tatsu still writes something... Fourth seasonに書いたようにメインマシンのSSDを容量のより大きいものに交換し、サブマシンに年数の経ったSSDを回してメインマシンのSSDの大容量化とサブマシンへのSSDの転用でサブマシンの性能を底上げして数年使える体制を整えたはずだった。

続きを読む

今年のMy自作PC

これを書いている今、買ってきた外付けHDDにシステムバックアップをコピーしている。これで、今年のMyPCの環境更新についてはひと段落である。昨年はトラブルの関係でCPUから更新していったのだが、今年はストレージの更新である。

まずはメインマシン。SSDもぼちぼち年数がたってきたのと仮想マシンのシステムもぼちぼちSSDに入れたほうが良いかなということと今年は奇数年なのでVisual Studioが出て当分併用になるかなということを考えてSSDを更新。512GBのものを使っていたのだが、後々の転用も考えて初売りで2.5インチSATAの1TBのものに更新した。これなら容量的に問題ないだろう。合わせてHDDも更新。こちらも後々の転用も考えて2TB、7200rpmのものにした。HDD以外はパーティションコピーでうまくいったのだが普段使いのデータだけはパーティションコピーしたらアクセス権がしっちゃかめっちゃかになったので前使っていたHDDから単純コピーして移行完了。

次にサブマシン。メインマシンから玉突きで押し出されたSSDを入れてシステムをこちらに入れた。Core2Duo世代のSATA2なのでHDDと比べて圧倒的な差は出ないのだがランダムアクセスでは力は出るだろう。こちらのシステム転送には苦戦したが、Mini Tools Partition Wizardのシステム転送機能でWindows XPVistaを転送して、Windows 7パーティションコピー+システム修復で移行を実施。最後に余っていたWindows 10も入れてクワッドOS環境とした。2TB以下のHDDは数が減っているのでメインマシンから玉突きで押し出した2TBのHDDと1TBのHDDを予備、操作ミスで代替セクタを発生させた後代替セクタが出ていない1TBのHDDを最悪の場合の予備とした。

そして、バックアップは操作ミスで代替セクタを発生させた後代替セクタが出ていない1TBに代わって、初売りで買った4TBの外付けHDDを導入した。いつもはケースとHDDを別に買っているので外付けHDDを別以外で買うのは何気に初めてかもしれない。こっちはデータとシステムと仮想PCのバックアップ用として、350GBのディスクはデータのみのバックアップとすることとした。

これで、今年の自作PCの体制は整った。はずである。

続きを読む

Meiryo UIも大っきらい!! Version 2.41をリリースしました

というわけである。

物自体は昨年12月にはできていたのだが、翻訳待ちをしていたので1月リリースになったというわけである。で、待った成果であるが…なかったんですな、これが。早く動く人は早速翻訳を出してくれるし、新たな翻訳者が現れたというわけでもなかったので、繁体字中国語(台湾)と韓国語の訳は一部に英語が残ったままだったりするわけである。

今回はフォントのスタイルを設定できるようにするのがメインテーマだったのだが、スタイル名をWindowsのフォント選択コモンダイアログでは各国語ごとに訳しているのでできるだけ近づけるようにはしたつもりである。が、どうやってるのかわからない部分があるので何とかしたいところではある。けどどうなっているんだろう。

あと、

Windows 10は面倒くさい(Re-Metrics Version 1.32) - Tatsu still writes something... Fourth season で言及したWindowsのバージョン表記もちゃんと出るようにしている。

これで、今年初のリリースはMeiryo UIも大っきらい!! Version 2.41になったというわけである。今年はこれから何を作っていくことになるのだろうか。

 

テレワークに普段使いのモニターを取られたのでデュアルモニターにしてみた

昨日は

我が部屋のテレワーク環境 Version 2 - Tatsu still writes something... Fourth season に書いたようにテレワーク環境に自作PCにつないでいたフルHDのモニターを供出して自作PCはテレビにつないだのだがやっぱり、1360×768は狭い。

1024×768ドットの20年前のWindows Me自作機につないでいた液晶ディスプレイもつなぐと少しはましになるかなとふと思いついたので、繋いでみることにする。これは弟がデスクトップPCを使わなくなったのでただでもらったものである。

で、繋ぐのだが1024×768ドット液晶ディスプレイはD-SUB接続。昨年買ったマザーボードのグラフィック出力にはD-SUB端子なんてものはない。あるのはDVI-D端子HDMI端子だ。ということでゲームしないことからCPU内蔵グラフィックで済むのでどのPCにもつないでいなかった11年前にバルク品で買ったGeForce 9600GTを引っ張り出してきて付けた。こちらにはDVI-I端子が2個あるので片方は変換コネクタつけてD-SUBにして1024×768ドット液晶ディスプレイに接続し、もう片方はサブの自作PCで使っていた片方DVI、片方HDMI端子のケーブルでつなぐことにした。これで2画面横並びが実現した。

f:id:Tatsu_syo:20210119224837j:plain

こんな感じ。

2画面になると狭い方にメーラーYouTube見るChrome置いて、広い方は文章見るFirefoxLibreOffice、VisualStudioといったある程度サイズのいるものを置くといった使い方ができて快適度は上がったと思う。

続きを読む

我が部屋のテレワーク環境 Version 2

諸々あって、来週から再びテレワークになった。

うちの会社のテレワーク環境は

我が部屋のテレワーク環境 - Tatsu still writes something... Fourth seasonで書いた通りなので省略するが今回は自作PCに代わって

気が付いたらノートPC買っていた - Tatsu still writes something... Fourth season で買ったノートPCを導入した。会社PCにリモートデスクトップ接続するので、PC自体のパワー要らないし。

ノートPC単体では会社環境に接続できることはわかっていただが、1366×768ドットではさすがに狭いので自作PC繋いでるフルHDのディスプレイを引っこ抜いてテレワーク用PCに接続してみた。リモートディスプレイでフルHDのディスプレイだけでも使えたらと思ったらノートPCのディスプレイと外付けのディスプレイのデュアルディスプレイ環境で使えることが分かった。これは快適だ。自作PCより消費電力が低い上にディスプレイも広くなった。これはいい。

続きを読む

年賀状ソフトはわけわからない

年末ということで、年賀状ソフトを使って年賀状を作ったのだが今年は特に難儀した。

Windows 10が出ていない頃の年賀状本の古い方のデザインを使いたいということでWindows 10に対応している方の年賀状ソフトを起動したら裏面のデザイン機能にJPEG読み込み機能がなくて読み込めないということでWindows 10が出ていない頃の年賀状本のソフトをインストールするもフォントのインストーラーからのインストールは止まる始末。大丈夫かい。

裏面を書くところに宛名を入れる機能を誤作動させて宛名を入れてしまいはがきを無駄にしてしまう。裏面に宛名なんているのかと。

挙句の果てにチェックした宛先だけを印刷するよう指定して、宛名の印刷ダイアログでカード指定を行ったにもかかわらず部単位で印刷にチェックがついているとチェックした宛先をすべて印刷したあともう一回チェックした宛先を印刷しようとしてはがきを無駄にしてしまう。何のための印刷範囲指定なんだか。

Windows 10がないころの年賀状印刷ソフトがWindows 10で使えたあたり、いつもはYu Gothic UIのデザインが微妙なせいで面倒なことをやる羽目になったとか、UWPダサいとか馬鹿にしてるけどWindows 10もなんだかんだ言って互換性には気を付けてるんだなということだけは認めてやろうと思った一日である。

来年は年賀状本買おうっと。