Tatsu still writes something... Fourth season

これからも私はなにかをしてなにかを書く

Re-Metrics Version 1.30

お題「#おうち時間」ということで一介のフリーソフト作者のおうち時間。

これ書いてる今はゴールデンウィークのはずだけどコロナウイルス云々で旅行に出かけるわけにもいかないし、こんな状況では4/29、30に休み取るのも意味がない。しょんないので細切れ休みでもできる自作ソフトいじりでSTAY HOME。

まず、第一弾としてウインドウのタイトルバー等の幅・高さをいじるRe-Metricsの多言語化とバグ取りなどをやって5/4にリリースした。

今回、Re-Metricsも多言語化した背景としては、Meiryo UIも大っきらい!!を多言語化した結果、海外でもフォントを大きくしすぎてタイトルバーとか戻せなくなったという人が出て、直すのに何らかの手立てが必要になったということがある。GitHubで議論して直すだけの小さいツール作るということを挙げてみたが、ソフトが増えるのも煩雑ということになって最低でも英語版のRe-Metricsが必要になったのだが当時は多言語化されていなかったので、多言語化しないとまずいということになったためである。

それにしても、多言語化というのは何かと面倒である。メッセージの切り出しと読み込み、全表示部分へ読み込んだ文字列設定を追加、表示するメッセージの読み込んだメッセージへの置き換え、ターゲットとする各言語での確認、各言語でのヘルプ書きとこまごまとした作業が続いて実に面倒である。前にMeiryo UIも大っきらい!!で多言語化やってるのでソースを流用できたり、Re-Metricsはそれほどメッセージが多くないといったことはあるのだが、それでも面倒なことには変わりないというものである。

しかしなんだ、テレワークPCも趣味の自作ソフト作りPCも一緒だと仕事しているようで楽しみ半減とまではいかないがちょっと興ざめという感じである。とはいえ、いつまで続くかわからない外出自粛・テレワークにディスプレイやPC買い足すとか重たい自作PCの配置換えするとかするのももったいなかったり、面倒だったりするのでそのまま行くことにする。

我が部屋のテレワーク環境

新型コロナウイルスの影響で、自分の勤める小さな会社でも4月の上旬からテレワークが始まった。3月までの仕事が終わった直後というタイミングだったので自分もテレワークの対象に入ったのでちょっと書いてみる。

続きを読む

MulSync Version 1.3.11

タイトルにある通り、MulSync Version 1.3.11をリリースしました。

3月は本業が忙しくてグダグダしていたのと4月は4月でテレワークのためにメインマシンをUSBメモリ刺すとシンクライアント、外すと普通のPCという仕事兼用にしていたことから自作ソフトに向かう気分にならなかったので、ちょこっととあるソフトをいじっていた程度でリリースの間が開いてしまってました。本業やる机で趣味のソフトウェア製作を行うっていうのも変な感じですね。

他にもやることあるだろうと言われそうですが、新型コロナウイルスの影響で外に出るなというこのご時世なのでその辺はゴールデンウィークの暇つぶしに取っておくということで。

でMulSyncですが、使っていて利用上面倒なバグを見つけたので急ぎでのバージョンアップとなりました。変更は大したステップ数ではありませんが、ディレクトリ周りのバグだったので、場合によっては使い勝手に大きな影響があるということでの修正となりました。場合によっては手操作によって間違った同期設定が大量にされてそれを直していくというのは面倒ですし。

それにしても、今の仕事ではC#、MulSyncもC#ってメリハリがないことこの上ないなぁ。

 

MulSync Version 1.3.10

タイトルにある通り、MulSync Version 1.3.10をリリースしました。

今回は、ファイルのタイムスタンプ差を無視する設定を行う際に基準を2秒未満から2秒以下に仕様変更しました。この点については掲示板で指摘されていたのですが、調査しているときにPCが不調になったり、Meiryo UIも大っきらい!!の調整に時間を取られたり、Chromium Edgeに浮気してBookSyncいじったりしていたのでここまでかかってしまいました。

続きを読む

BookSync Version 2.11.0

本日、2020年2月2日にBookSync Version 2.11.0をリリースしました。ということであとがき。

呆れるくらいChrome

何か月前になるだろうか。呆れるくらい機能が少なく、呆れるくらい見た目もダサいMicrosoft EdgeChromiumベースになるというニュースが出た。で、何か月しただろうか。ベータ版が出たので、試してみた。

呆れるくらいChromeもどきだ。何の付加価値もないちょっと設定画面のフォントがダサいChromeもどきだ。それでも機能的には従来のEdgeよりましというのが皮肉なところではあるが。

続きを読む

Meiryo UIも大っきらい!! Version 2.36

Meiryo UIも大っきらい!! Version 2.36ようやくリリースできました

タイトル通り、Meiryo UIも大っきらい!! Version 2.36をリリースしました。
本体は一括設定ボタンを設定ボタンと同様の動作にして操作の一貫性を持たせた程度でそれほどいじるところはありませんが、多言語対応がさらに進んでポルトガル語(ブラジル)と繁体字中国語(台湾)に対応しました。とりかかったのは昨年の11月だったので、何やってたんだというところですが、何とかリリースすることができました。

続きを読む

PC調子悪いので中変えた

不具合は突然やってくる

新年あけましておめでとうございます~さて、Meiryo UIも大っきらい!!は翻訳待ちだから2日の書初めにMulSyncの調査用プログラムを書こうかと思っていたらそれは突然起こった。

前にも起きた電源が突然切れる現象。前は電源ケーブル変えて治ったけど、今回は電源ケーブル変えても起きる。BIOSから見た電源の出力は正常だったけど、念のため電源を変えても起きる。念のためエアダスターかけたが、それでも起きる。

マーフィーがやってきた

仕方がないので、まだ初売りやってるパソコンショップ行って簡易診断を受けたが、現象は再現せず。これでは懐かしのマーフィーの法則ではないか。とはいえ、やたらとイベントログにエラーが多いとか、メイン機のマザーボードが6年ちょい前になるので摩耗故障期に入りつつあるということを考慮してとりあえず、マザーボードを変えることにした。

続きを読む

Meiryo UIも大っきらい!!の韓国語訳募集中

拙作Meiryo UIも大っきらい!!にポルトガル語(ブラジル)の訳をつけたいという方が現れたので、ポルトガル語(ブラジル)が出て、ヘルプも表示されるところまで来ました。

で、今困っているのが以前韓国語の訳を行っていただいた方に連絡を取ろうとしたら連絡が取れないというのが現状です。

元がGithub経由だったので、Issueには連絡を書きましたが、見てくださるかどうかということで、韓国語訳を募集しているというところです。

うーん、何か国語も絡むとまとめるだけでも一苦労だなぁ。連絡ルートもメールだったり、Githubだったりといろいろ見ていかないといけないし。

ジャンクPC入門(4)

まだ不満がある

とりあえず、ジャンク上がりのASUS U24Aを使える状態にもっていって、できることできないことも分かった。けどまだ不満があった。壊れているUSBポートや音周りは本当にもうだめなのかな。それに、CPUのグリスも塗り替えておきたい。

で、やってみた

ネットで調べると、ばらし方を書いている人がいたので、それに従ってばらす。

で、USBポートを見る。はんだ割れてなくね?という訳ではんだを少し盛ってみる。

次に音周り。スピーカーのねじのプラスチックが割れるわどこ手をを付けていいかわからない。という訳でこちらはギブアップ。

CPUのグリス。なんとかCPUにアクセスできたのでシルバーグリスに塗り替え。で、ここでアクシデント。作業中にヒンジのプラスチックが割れてしまった。2時間かけてとりあえず留められるところだけ留めておく。

結果

USBポート:使えるようになった、気もしたがなんか怪しいので結局使わない(ハードウェアに詳しい人だったら完全動作にもっていけるのだろうが、私はハードウェアはさっぱりだ)

サウンド:使えない状態に変わりはない

グリス塗り替え:効果があったようだ

ヒンジ:弱くなった

筐体:プラスチックがぽろぽろ落ちた

結局、ジャンク度が上がるだけという結果となってしまった。

けど、これでやれることはやったので、これで使っていくことにしよう。

 

ジャンクPC入門(3)

さて、ひととおりジャンクPCでできることとと壊れているところが分かったということで、値段的な仮想敵、ドン・キホーテPCと比べたらどうよということが思いついた。ということで、

ドン・キホーテをやっつけろ!?

とりあえず、決着をつけるのにはYouTubeでよく引用されているCINEBENCHを使ってみることにした。

で、結果。CINEBENCH R20で193だったからYouTubeで見たうろ覚えの値から見てCPU的にはほぼ互角である。ということは新品メモリを入れても値段で勝っているのでこれは勝ちといえるのではないだろうか。メモリも8GBと多いし、記憶容量もHDDだけど500GBと勝っている。SSDにしても容量・速度で勝てる。付けたら値段負けするけど。ということで重さ以外は判定勝ちだな。

ちなみにうちのほかのマシン。Core2Duo機で299、Corei3機で549と、まあこんなもんである。ゲームしなきゃ実用的だし。記憶媒体や電源を適宜買い替えていけば長く使えるだろう。速い新しいのは欲しいけど。