Tatsu still writes something... Fourth season

これからも私はなにかをしてなにかを書く

いま、4つのOSが勢揃いする。

以前書いた通りサブマシンのWindows 7サポート切れ対策を進めていた。で、3連休+勤務先休日と時間に余裕ができたのとその間、天気が良くない予想が出ていて医者に行く日を除くと余裕ができたので、Windows 7サポート切れの前に慌てて工程を行ったらトラブルが起きたときに余裕がなくなりそうなのでやるなら今のうちということでサブマシンにUbuntu 18.04 LTSを入れることにした。

続きを読む

サブマシン工事中

Windows XP/Vista/7をインストールしているCore2Duoなサブの自作機がある。現在はネットにつなげる状態にしているのはWindows 7だけという状態でバックアップを兼ねたコールドスタンバイ状態にして、メインマシンからネットワークで必要なコピーを持ってきて必要に応じて使うということにしている。以前、メインマシンが不調気味だったときは週前半だったことからサブマシンでWebメール使ってメールチェックをしたり、家計簿つけたりといった生活での運用を行ったということがあるので、サブマシンはあると何かと助かるというものである。とはいえ、後半年でWindows 7もサポートが切れる。そうなるとネットにつなげる環境がなくなるので何とかする必要がある。

続きを読む

Palemoonと半年の余生を暮らす

自分の部屋にはWindows 7世代止まりとしたいPCが2台ある。Core2Duo E8500,6GBメモリ自作マシンと32bit専用Atom Z、2GBメモリに使い古して書き込みが遅くなった64GB SSDという編成のVAIO Xがある。

自作マシンはそれなりにメモリもあるし、64bit動くのでWindows 7がサポートされている間はWindows 7Firefox,LibreOffice,Chromeでコールドスタンバイ運用して、サポート切れが近くなったらUbuntuあたりでも入れて生活面でのサブマシンにすればよいと思う。Windows 10という選択肢もなくもないが、Windows XP/Vista/7の動態保存とグラフィックカードが両立できるかが問題になりそうである。

で、問題はVAIO Xである。残り半年の余生を暮らすにも最近のブラウザはマルチプロセス化した副作用でメモリを大量に食うので2GBメモリでは使うのもままならない状態である。そこでふと試していたPalemoonはどうだろうと思った。マルチプロセスを志向する前のFirefoxからフォークしたからマルチプロセスになっていない分メモリ消費が少なくて済むのではないだろうかという訳である。で、結果であるがさすがに古いPCなのでサクサク動くとはいかないがマルチプロセスではないのでメモリ不足でふんづまるということもなくそれなりに動いてくれた。これなら残り半年、使い物になりそうだ。

その後はどうしよう。32bitのLinuxも減ってきたし、オフライン運用では持ち運びを除くとCore2Duo自作機と用途が被るし。軽量ノートマシンなので部品取りできるようなものはないし。まあ、その時考えるとしよう。

続きを読む

やっぱりメモリは気難しい

今日は職場の休暇ということで合わせて有給をとる。

買い物をしていて立ち寄ったブックオフ+でDDR3メモリ2GB×2の未動作確認品が売っていたので、メインマシンに向学のための環境を作ったときにメモリが8Gで足りなくならないかなと考えてチャレンジしてみることにした。普通に使う分には8Gあれば十分だけど。

で、既存の環境に付けて見たらけたたましくビープ音が鳴って電源が切れた。どうやらこのメモリはメインマシンには合わないようだ。既存のメモリを外して、買ったメモリだけを差してみたらBIOSまでは行って4Gを認識した。どうやら、メモリの故障ではなく相性のようだ。

前もAthron 64X2マシンを使っていた時にDDR2ベースの新品メモリでこういうことがあってあわててCore2Duoマシン組んだということもあったわけで、メモリ同士の相性というのは難しいものである。で、これらのDDR2メモリ、今のHaswell Core i3のメインマシンを組んだ時にCore2Duoマシンに合流したのだが、こちらは普通に動いている。なんなんだろう。

今更DDR3メモリベースのマシン組むつもりはないので押し入れで予備パーツとして死蔵かな。完全に死んでたらアクセサリにして遊ぶけど、完全には死んでないのがもやもやする所である。

簡単に足したりできないCPUとメモリの見積もりは少し多めの方が後悔しなくてよいのかなと思った次第である。

 

自作家計簿についてふと考える

自分は下宿や仕事シェアハウスや一人暮らしを何度かしていたのでそのころから表計算ソフトで自分用の簡易な家計簿をつけている。家計簿があると書くの面倒だから無駄遣いできないとか、物を購入するときに自分の使える金額が分かるので目安になるとか、金を使いすぎている項目を見直す目安になるとか、金遣いにあたって何かとメリットがあるので家計簿をつけているという訳である。

ソフトはMS-WorksからMS-ExcelMicrosoft路線できたが、Officeのアップグレード版がなくなって高くつくようになったので今はLibreOffice Calcになっている。普段はレイアウトを気にする必要のない家計簿しかつけてないのでLibreOfficeで十分という訳である。

最初は現金だけだったので、現金収入と支出、手持ちの総金額というシンプルなものだったのだが、社会人になって銀行やクレジットカード関連が増えたりクレジットカード以外の引き落としが増えてきたのでそれに対応するというように生活の変化にリンクして必要な項目を追加できるというのはお手製家計簿のメリットと言えるだろう。最近は転職にあたって今まで使っていた銀行とは別の銀行の口座が必要になったのでそれにも対応できるようにした。

のはよいが、最近自作家計簿の弱点が見えてきている。自作家計簿では買ったものの分類欄に金額を打ち込むと支出として合計されるのだが、この合計とリンクするのが現金しかないので、現金以外でいくら買ったかが分からなかったり、ほげほげペイ(多すぎ!)などのキャッシュレス決済などのいろいろな支払い方式に対応できないという難点がある。

ちゃんと表計算勉強しないといかんかねぇ。集計機能とか。それとも、環境依存性を小さくするために品目ごとの支出の合計と決済方式ごとの出入りを別にしてシンプルなものにするか。品目ごとの支出額とどれにいくら入金・出金したかを両方書かなければいけないので面倒だけど。

コンビニと無人レジ

リニューアルされた職場近くのコンビニには無人レジがあるので、朝使ってみた。

買うものにバーコード通すのは問題ないのだが、ポイントカード読み取らせてさあ、支払いとなると後ろで並んでいる人がそれなりにいるので現金出すのに手間取ると気まずいのでコンビニだというのにクレジットカード払いをしてみた。

有人レジだと店員が袋に詰めている間に現金を出して互いの時間を重ねることで時間のロスを減らせるし、スーパーの場合だとバーコード読み取りと支払いを別々にできるので多少時間をロスしても大丈夫なのだが、コンビニだと緩衝となる袋詰めの時間もバーコード読み取りと支払いの分離もないので、その分急がなければならないので慣れないと混雑を作りそうである。

省人化の観点からこの手の無人レジは増えるんだろうけどこの辺を何とかしないと何かと難しいことになりそうな気がするなぁ。エコバックあらかじめセットしておいてスキャンしたら即エコバックにポイして、ポイントカード読ませて現金以外の何かで一発支払いなんて具合にスムーズな無人レジの使い方をマスターするようにみんながならないとレジ渋滞が大変なことになりそうな気がする。

 

どっちやねん!

今の勤務場所は近くにランチを食べられそうな店が見当たらないのでどうしてもコンビニ飯になる。直近のミニストップのリニューアルが終わったので、今日はサラダとブルーベリーヨーグルトでバランスをとって菓子パンと「豚」汁にしてみた(もっとバランスの良い食事にする方法ってどうすればよいんだろう)。

で、給湯室でお湯を入れようとして何とももやっとした気持ちになった。レトルトパウチの具の袋には「とん」汁の具と書いてあった。パッケージには「豚」とあったのに中身は「とん」。

いったいどっちなんだ~!

ミニストップというか、イオンは全国展開しているので全国統一するために「豚」にしているのかと思っていたのだが、そうではないのだろうか。それとも、九州で麦みそ「ぶた」汁を販売しているセブンイレブンのように中をローカライズしているのだろうか。考えるほどにもやっとしてくるというものである。

どうでもいいけど、私は「ぶたじる」派です。訓読みで揃ってすっきりするし、とんじるよりもボリューム感があるので。

 

ジャンクでDVD Multiドライブを買ってみた

医者の帰り、YouTubeにアップされた動画のような派手な大立ち回りではないが、近場のブックオフ+に立ち寄って280円で売っていたジャンクのDVD Multiドライブをメインマシンに取り付けた。

で、結果であるが仮接続してDVD-RAMを読み込ませてみたところ、うまく動いた。白いマシンに対して黒のベゼルなのでアクセントにはなる分統一感はなくなったがいまどきのPCケースは黒が主流なのでこれはしゃーない。メインマシンのケース自体黒が主流となる前の18年前に買ったものだし。

自分は、HDD、コールドスペア用のサブマシンの他に、個人的な失って困るデータについては媒体と機械部分が分離するDVD-RAMにもバックアップしているのだが、ポータブルDVD-Multiドライブよりは早そうなので定期的なバックアップにも役立ちそうだ。いちいち接続する手間もかからないし。Blu-Rayドライブ買って、写真のバックアップを採るというのも魅力的ではあるが、当面は役立ちそうだ。

今までは、DVD Multiドライブを装着したサブマシンにいったん持っていってからDVD-RAMにバックアップしていたのだが、サブマシンにいったん持っていく工程がなくなるのでバックアップの効率が良くなりそうだ。

続きを読む

Excelが重くなる理由は足回りにもあった

Excel方眼紙に設計書を書く仕事をしているとコピー・カットをすると分単位で待たされるという現象に2週間悩まされてきた。検索エンジンで調べてディスククリーンアップかけたり、Excel修復してみたが何の効果もなかった。

前の職場ではあまりExcel使わなかったので、ああExcelこんなに堕落したかと思ってしまった(この話のExcelは2016である)。

しかし、原因は別のところにあった…。

続きを読む

仮想マシンで就職活動

ここでは書いてなかったけど、4月下旬から新しい会社で働き始めました。
で、転職であるが今回は急な転職ということもあり、3月からハローワークを使わないでネットから申し込める各種サービスを使っての転職を行った。
そこでぶち当たるのがMicrosoft Office。前回の就職活動の履歴書に書き足したり、ネットワーク上のサービスで作れる職務経歴書Microsoft Office形式。LibreOfficeのような互換Officeでは通用しないキチキチレイアウトのファイルである。なのだが、こちらには現役のMicrosoft Officeはない。あるのはサポートぎれの2007。売っているのはなんか胡散臭いWindows 10でしか動かないうえ、サポートが短くなったMicrosoft Office 2019か、何年も使うと高上がりなMicrosoft Office 365ときている。就職活動が長引くと収入が不安定なうえ、少しは安価なアップグレード版もなくなったMicrosoft Officeを買うのはためらわれるというものである。

続きを読む